Monthly Editorial

  • #06 セシル・テイラーとベルリン、FMP

    ベルリンで接したテイラーはリラックスして自然体だった。周囲に彼の音楽の理解者が多くいるベルリンの空気に馴染んでいたのかもしれない。偉大なるモダニストの死に、心から哀悼の誠を捧げたい。

    Share Button

Features

Reviews

  • #1524 『カート・エリング/ザ・クエスチョンズ』+『ブランフォード・マルサリス・クヮルテット&カート・エリング/アップワード・スパイラル』

    アルバム自体の出来は圧倒的にエリングの『The Questions』の方に軍配が上がるが、カート・エリングのヴォーカルに焦点を絞って評価を下せば、ことに新たにエリングのファンとなった方ならブランフォードの『アップワード・スパイラル』にもぜひ耳を傾けていただきたい。

    Share Button
  • #1523 『Alexander von Schlippenbach – Globe Unity Orchestra / Globe Unity – 50 Years』

    2016年11月、ベルリン・ジャズ祭でのグローブ・ユニティ・オーケストラ50周年記念コンサートのライヴ盤。これは歴史に残る作品である。

    Share Button
  • #1522 『Satoko Fujii Orchestra New York / Fukushima』

    しかし、この「オーケストラ・ニューヨーク」の面々に、3.11の向こうに9.11が、そして、チェルノブイリ(86年)やスリーマイル島(79年)もイメージされていたとしてもおかしくはない。

    Share Button
  • #1521 『Patty Waters / 6.12.17』

    30年の沈黙ののち再び活動を始めた異端の女性シンガー、パティ・ウォーターズが盟友ピアニスト、バートン・グリーン等と繰り広げた最新ライヴ音源。「伝説」と言う過去の亡霊を吹き飛ばす迫真性に満ちている。

    Share Button
  • #1520 『土田晴信/ライヴ・アット・ザ・アディロンダック・カフェ~SUNNY』

    ジミー・スミスから続くジャズ・オルガンの本流、源流を辿りながら研鑽を積み現在に至った土田の現時点での成果を堪能した。

    Share Button

More >>

Interviews

  • #170 能楽一噌流笛方15代目 一噌幸弘

    70年代のセシルの音楽には、都節(みやこぶし)音階という日本の音階がふんだんにでてきます。(中略)あれだけ強烈に自在に弾き倒しておいて、最後が能楽の「音取り」のようになって終わる。おおっ!と思いましたね。

    Share Button

More >>

Column

  • JAZZ meets 杉田誠一 #103「セシル・テイラー」

    セロニアスに似て、全く誰のようでもない「間」。デュークに似て、壮大なオーケストレイション。そして、すぐれてパーカッシヴでありながらも、誰よりもよく「うたう」のがセシル・テイラーというわけです。

    Share Button
  • Cecil Taylor Jazz Advance

    ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #30 Cecil Taylor <Charge ‘Em Blues>

    他界してしまったセシル・テイラー。彼がライフ・ワークとしたフリーインプロビゼーションではなく、彼のデビューアルバムからオリジナルのブルース曲を取り上げた。分析して初めてセシルのヴォイシングがコード進行に忠実だったことを発見、また、セシルが曲のフォームをいかに尊重していたかなどに焦点をあててみた。

    Share Button
  • 音の見える風景 Chapter55 「トニー・ウイリアムス」 

    これだけは間違いなく言える。彼のような奴は、後にも先にも、一人もいない。本当にただただすごかった…

    Share Button
  • Fashion-10-01

    ジャズ・ア・ラ・モード #10 「ビリー・エクスタインとジョー・ウィリアムスの粋」

    『4.スタイリッシュなバンドリーダー達』で初期のバンドリーダーやメンバー達が、如何にお洒落に気とお金を使っていたか、という事を書いた。
    ほとんどのバンドが専属シンガーを抱えていた。シンガー達は一際目立ち、個性的でユニークなファッションでバンドに花を添える存在だった。

    Share Button
  • Live Evil #33 「福盛進也トリオ@TRIOS 2018」  

    福盛進也トリオを生で聴いて、宮沢賢治も<愛燦燦>も<満月の夕>を含めすべてのレパートリーがすでに彼らの血肉と化しており、何の違和感もなく胸に響くことを知った。

    Share Button

More >>

Concert/Live Report

  • #1010 川島誠×齋藤徹

    特異なアルト奏者・川島誠と経験豊富なコントラバス奏者・齋藤徹との初共演。互いに普段とは違うプレイをみせた。

    Share Button
  • #1009 福盛進也トリオ@横濱エアジン

    「理屈抜きに福盛進也トリオの音が好き」ということを認識した。そして、またライヴでその音響に包まれる瞬間を心から楽しみにしている。ぜひ、福盛進也トリオはライヴで体験して欲しい。

    Share Button

More >>

及川公生の聴きどころチェック

More >>