Monthly Editorial

Features

Reviews

More >>

及川公生の聴きどころチェック

More >>

Column

More >>

Concert/Live Report

  • #1047 Charlie Parker Jazz Festival 2018 from August 22 to 26 in NYC. Vol. 1

    2018年に26回を迎えた、ニューヨークの夏の終わりを彩るチャーリー・パーカー・ジャズ・フェスティヴァル。そのメイン・コンサートの1日目、若手実力派シンガーのブリアナ・トーマスと、チャールズ・トリヴァー(tp)が自らのリーダー・デビュー作『Paper Man』のリリース50周年を記念して、当時のレコーディング・メンバーのゲイリー・バーツ(as)と、新たにバスター・ウィリアムス(b)、ジャック・ディジョネット(ds)、ジェイソン・モラン(p)を加えたスペシャル・クィンテットで出演した。

  • #1058 名曲能の会 第二十回記念公演 鸚鵡小町

    ジャズ方面の方も、能は一度体験すべきと思う。ジャズが開いたプロフェッショナルの使い道は、恐らく楽理や演奏の追及やエンターテイメントだけではないだろう。能は、南アジアや西アジアの古典音楽に匹敵するだけの哲学を有しているように感じる。

  • #1057 即興的最前線

    東京で活動する即興音楽家6人が倉庫のようなギャラリーに集まり、ソロパフォーマンスと共演を行った。また、終了後にはトークセッションが開かれ、「即興」という極めて曖昧なテーマを巡り、多くの発言がなされた。現段階で腑に落ちるような明快な共有解はないだろう。方法論や意識のあり方への議論そのものが、各演奏者への新たなフィードバックとなれば、それはまた愉快なことだ。

  • #1056 リューダス・モツクーナス「エモーショナルなサックス・マイスター」

    彼の強烈なエモーションと、知的コントロールの共存する演奏に圧倒されたライヴだった。

More >>