JAZZ meets 杉田誠一 #103「セシル・テイラー」

閲覧回数 2,020 回

セロニアスに似て、全く誰のようでもない「間」。デュークに似て、壮大なオーケストレイション。そして、すぐれてパーカッシヴでありながらも、誰よりもよく「うたう」のがセシル・テイラーというわけです。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #30 Cecil Taylor <Charge ‘Em Blues>

閲覧回数 3,001 回

他界してしまったセシル・テイラー。彼がライフ・ワークとしたフリーインプロビゼーションではなく、彼のデビューアルバムからオリジナルのブルース曲を取り上げた。分析して初めてセシルのヴォイシングがコード進行に忠実だったことを発見、また、セシルが曲のフォームをいかに尊重していたかなどに焦点をあててみた。

Share Button
Read more

音の見える風景 Chapter55 「トニー・ウイリアムス」 

閲覧回数 3,229 回

これだけは間違いなく言える。彼のような奴は、後にも先にも、一人もいない。本当にただただすごかった…

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #10 「ビリー・エクスタインとジョー・ウィリアムスの粋」

閲覧回数 1,268 回

『4.スタイリッシュなバンドリーダー達』で初期のバンドリーダーやメンバー達が、如何にお洒落に気とお金を使っていたか、という事を書いた。
ほとんどのバンドが専属シンガーを抱えていた。シンガー達は一際目立ち、個性的でユニークなファッションでバンドに花を添える存在だった。

Share Button
Read more

Live Evil #33 「福盛進也トリオ@TRIOS 2018」  

閲覧回数 1,243 回

福盛進也トリオを生で聴いて、宮沢賢治も<愛燦燦>も<満月の夕>を含めすべてのレパートリーがすでに彼らの血肉と化しており、何の違和感もなく胸に響くことを知った。

Share Button
Read more

Live Evil #32「ヴァネッサ・ブレイ+山口コーイチ/ピアノな夜」

閲覧回数 1,204 回

ヴァネッサは、3歳の頃からピアノに慣れ親しんでいるとはいうものの、どこかピアノを畏怖するような接し方である。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 59 八木美知依

閲覧回数 2,979 回

八木美知依のさまざまな演奏活動は、これまでの箏奏者の活動範囲を超越している。フライヤーなどで見かける「ハイパー箏奏者」という呼称は、キャッチコピーのようでもあり、彼女の音楽的姿勢を上手く言い当てている。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #29 Keith Jarrett <Old Folks>

閲覧回数 5,043 回

最初筆者があまり得意でなかったキースのこのトリオ、彼は1988年に病に倒れ、2年間の療養の後グルーヴ感をすっかり変えた。それを記録する貴重なアルバムがこの『After The Fall』。この「スタンダーズ・トリオ」のタイム感のすごさを解説。加えて、名曲<Old Folks>での、キースには珍しい彼のインプロの垂直アプローチを掘り下げてみた。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #44「ピアニスト今田勝さんとの仕事」

閲覧回数 2,585 回

ベテラン今田勝のアルバムだから随所に名人芸を聴きどころとするハイ・センスのジャズ・フュージョン・アルバムを世に出す必要がある。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #9.「ビリー・ホリデイとシンプルなクルーネックセーター」

閲覧回数 2,178 回

ビリー・ホリデイというと誰もが髪にさした白いガーディニア(梔子)の花を思い浮かべるだろう。私はビリー・ホリデイについては、彼女が晩年よく着ていたシンプルなニットセーターがゴージャスなドレス姿よりもさらに彼女を美しく素敵に表現していると思う。

Share Button
Read more

Hear, there and everywhere #11 『ヴァネッサ・ブレイ/ソロ・ピアノ』

閲覧回数 2,680 回

4月17日、東京・渋谷、ひとりの才能溢れる若き女性音楽家の翔びたつ姿を僕らは目撃することになる。

Share Button
Read more

「全ては電子音楽だ」 アトミック〜スペース〜コンピュータによる20世紀音楽の思い出

閲覧回数 2,466 回

1957年に生まれた私ができるのは、過去の物語を語り継ぐことであり、記憶の彼方にかすむ、幻影の歌う電子の声に耳を澄ますのみなのだ。

Share Button
Read more

音の見える風景 Chapter54 「スティーヴ・ターレ」

閲覧回数 5,153 回

ターレはこのようにトロンボーン、ほら貝の演奏者としての活動にとどまらずトランペットやテナーの魅力を引き出すなど発想も豊かでプロデュース力にもたけている。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #28 Hermeto Pascoal <Pirâmide>

閲覧回数 4,595 回

15年近くも新作発表がなかったエルメート、昨年2017年に急に2作発表。その2作目『Natureza Universal』はビッグバンドもの。鬼才エルメートの凄さ満載。その一曲<Pirâmide>はエルメートのちからのショーケースとなっているばかりでなく、参加ミュージシャンの脅威的に高い水準も容易に理解できる作品。このアルバムに深く感銘をうけた筆者が楽曲解説。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #43 「“偉大な興行師” 鯉沼利成さんとの仕事」

閲覧回数 4,767 回

「鯉沼さん、プロモーターとしてやり残したことはないでしょう?」「プロモーター? 俺は興行師だよ!」。大興行師・鯉沼利成と音楽人としてのキャリアの一部を共有できたことは光栄かつ名誉なことである。

Share Button
Read more

Hear, there and everywhere #10 「 I ❤ Vinyl」

閲覧回数 3,457 回

ちなみに、「I ❤ Vinyl 」のVinylは「ヴァイナル」と発音し、アナログレコードのこと。欧米では一般にアナログレコードの原料がビニール樹脂であることからVinyl ヴァイナルと呼ぶ。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #8. レスター・ヤングのポークパイ・ハット

閲覧回数 2,818 回

レスター・ヤングのポークパイ・ハットはあまりに有名で、彼のトレードマークとなっている。ポークパイ・ハットを被った姿多くの写真が残されており、アルバムカバーにもなっている。

Share Button
Read more

ヒストリカル・フィクション 「君が代マアチ〜明治36年のスウィング・ガールズ〜」

閲覧回数 2,801 回

この小説は、実在した「吾妻婦人音楽連中」(邦楽をやるときには東婦人音楽連中と表記)という芸妓のブラスバンドをモデルにして書かれました。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 58 ロジャー・ターナー

閲覧回数 3,366 回

ロージャー・ターナーはソロで聴かせることも出来る希有なドラマー/パーカッショニストだ。ドラムスに内在する始源の音から、未来志向のサウンドまで空間を行き来し、音から音楽へと響きの変化を追求する冒険者の探求心を感じる。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #27 Roswell Rudd

閲覧回数 6,850 回

ニューヨーク・アートクァルテットなどでの演奏でフリージャズにおけるトロンボーンの位置付けをしたラズウェル・ラッド。恐ろしいほどの数のアルバムを残して他界した、そのほとんどのプロジェクトは多岐にわたるジャンルやスタイルとのコラボ。彼のトロンボーンのスタイルは2種類に別れていたようだ。その2種類が上手に合わさった珍しい録音から1曲解説してみた。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #7. チェット・ベイカーのミニマリズム

閲覧回数 3,270 回

T-シャツ1枚のチェット・ベイカーがセクシーでクールだと感じる。
無駄なものはない、彼のミニマリズムなのだ。

Share Button
Read more

Live Evil #31「阿部克自没後10周年記念写真展 トークイベント」

閲覧回数 4,207 回

なんと言ったら良いか、“日本が世界に誇るべき国際的な名ジャズ・ファン”とでもいうしかないですね。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #42 『ジャック・ディジョネット+デイヴ・ホランド/タイム&スペース』

閲覧回数 3,905 回

トリオレコードが初めて全社一丸となって制作したアルバムが完成した。

Share Button
Read more

音の見える風景 Chapter 53 「シェリー・マン」 

閲覧回数 10,766 回

マレットさばきのしなやかさ、ブラシの軽さ、思ったよりもシャープで大きな音のシンバル・ワーク、そしてその敏捷な身のこなしはレコードを聴いて頭に描いていたクールなイメージそのもの

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #6. マイルス・デイヴィスから始まったジャズ・ミュージシャン達のアイビー・ルック

閲覧回数 4,575 回

『アイビー・ルック』というと、20世紀に最も流行ったファッション・スタイルの一つである。誰がファッション・アイコンだったか、という事にはいくつかの説がある。マイルス・デイヴィスを中心としたジャズ・ミュージシャン達だ。ジャズ関係者ならほとんどの人が、マイルス・ディヴィスが『アイビー・ルックのファッション・アイコン』という事に異議を唱えないだろう。
アイビー・ルックについて。そして、どうしてマイルス・デイヴィスが、なぜ彼を中心とするジャズ・ミュージシャンにまでアイビー・ルックが広がったかについて探ってみた。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #26 Theo Croker

閲覧回数 6,587 回

このアルバム『Escape Velocity』は2016年リリースなので、My Pick 2017に含めることはできないが、筆者にとってロバート・グラスパーの『Everything’s Beautiful』と共に最近深く印象に残ったアルバムだ。その中から解説の楽しみ満載の<Transcend>を選んでみた。クローカーの斬新な作曲法とプロダクション能力を解説。

Share Button
Read more

Live Evil # 30「第1回全国大学ジャズ・コンテスト」

閲覧回数 4,512 回

メンバー各人の「演奏力」、バンド全体としての「一体感」、バンドの個性を生かした「アレンジ」、ステージの「全体構成(選曲/MC )」の4点を評価基準とし「グランプリ」のみが選出された。その結果、「関西大学ジャズ研究会」がグランプリを獲得した。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #41「内藤忠行とZEBRA」

閲覧回数 4,171 回

シンセが叩き出すポリリズミックなリズムにジャックがシンセでイントロのメロディを乗せる。いつのまにかスタジオに入ってきたレスターがテーマを吹き出す。背筋に電流が走った。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 57 ヒロ・ホンシュク

閲覧回数 4,270 回

ヒロ・ホンシュクの音楽には師であるジョージ・ラッセルの影が見える。リディアン・クロマティック・コンセプトだけではなく、グルーヴ感に対するこだわりもそうだ。グルーヴするからこそ複雑なことをやっている演奏もさらりと心地よく聴けるのだ。

Share Button
Read more

#102 林ライガ

閲覧回数 4,672 回

林ライガは、オーソドックスな基本をしっかり押さえているため、フリー〜インプロ、はたまた邦楽とすら、めくるめく交感しうる鬼才である。

Share Button
Read more

タガララジオ 48 「2017年、晩秋に聴かれるべき5枚のピアノ盤を!」

閲覧回数 4,392 回

ほんとはオザケン+セカオワを筆頭にしてノンジャンルでノータイムなタガララジオを書こうと思っていたのですが、ピアノ盤ならべていたら締め切り日になっていたという、

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #40 「近藤等則とTokyo Meeting 1985」

閲覧回数 5,602 回

近藤等則、サムルノリ、姜泰煥ソウル・ジャズ・トリオという、いわゆる東アジアのミュージシャンたちが初めて一堂に会した画期的イベント。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #25 Jon Hendricks

閲覧回数 7,519 回

ジョン・ヘンドリクスが他界した。ジャズ界ばかりでなく、ストーンズやビートルズやブラジル音楽家たちにまで影響を及ぼした偉人。ヴォーカリーズをイノベートしたヘンドリクスは、ラップ・ミュージックをこの1958年録音のジョージ・ラッセル作品、『New York, N.Y.』でイノベートしたとも言われている。このレコーディングにまつわるラッセルとヘンドリクスとのやりとりや、歴史に残るコルトレーンの姿などを交えて解説。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード#5 メリー・ルー・ウィリアムスのフェミニンなドレス

閲覧回数 3,352 回

メリー・ルー・ウィリアムス(Mary Lou Williams:1910年5月8日〜1981年5月28日)は女性ジャズ・ミュージシャンのパイオニアであり、ジャズシーンに最も貢献した女性ピアニスト、コンポーザー、アレンジャーの一人でもある。
彼女のミュジシャン活動の初期、1930年代に活動していた頃のファッションに注目したい。

Share Button
Read more

座頭市の話 

閲覧回数 4,077 回

座頭市は盲人であり、按摩を生業としているのが設定だ。「座頭の市さん」である。しかし、本来の字は「座頭」ではなく「座当」であるべきだ。

Share Button
Read more

音の見える風景 Chapter 52「井上敬三」 

閲覧回数 17,045 回

<自分に自分を許せないタイプですから死ぬまで吹き続けます>。井上敬三さんはまさにジャズに生きた人であった。

Share Button
Read more

JAZZ meets 杉田誠一 #101「庄田次郎」

閲覧回数 5,050 回

出演日は必ず寝袋で、店内に寝泊まりしていく。どんなに飲んでも、ジョギングとストレッチは欠かさない。ボディビルダーとしては、毎年静岡県で5位以内を維持してきている。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #24 Grady Tate

閲覧回数 6,459 回

今月8日に他界したグラディ・テイト、歌手としてグラミーにノミネートされるほどの成功を納めたが、ドラマーとして歴史に重要な痕跡を残したテイト。地味なようだが恐ろしくたくさんのセッションで名作に貢献している。彼の才能を正当に評価する他のミュージシャンたちに請われて多忙だった彼の特異なキャリア。なぜクインシー・ジョーンズやクリード・テイラーがそれほど彼を必要としたか。テイトの唯一無二のドラミング・スタイルを解説。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #39「ユッスー・ンドゥール&スーパー・エトワール」ザ・ガイド・ツアー・イン・ジャパ ‘94

閲覧回数 4,703 回

ユッスー・ンドゥールが高松宮殿下記念世界文化賞の「音楽部門賞」を受賞した。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #4. スタイリッシュなバンドリーダー達

閲覧回数 4,022 回

初期の多くのジャズミュージシャンたちは服装に凝っていた。パリッとした服装は成熟と成功を意味していた。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 56 クリス・ピッツィオコス

閲覧回数 8,299 回

クリス・ピッツィオコスが来日し、JAZZ ART せんがわに一陣の風が吹き抜けた。彼のソロ演奏は、未知の領域を探究するようなサウンド構成だった。会場を圧倒するほどの凄みはなかったもののその片鱗は確かに観ることができた

Share Button
Read more

Reflection of Music (Extra) Vol. 55 JAZZ ART せんがわ 2017

閲覧回数 11,381 回

「JAZZ ART せんがわ」がスタートしたのは2008年、今年遂に10周年を迎えた。商業主義とも単なる街興し的なお祭りとも一線を画した独自の路線を持つフェスティヴァルが続いたことは嬉しい。おめでとう!

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #23

閲覧回数 7,664 回

面白いのは、マイルスやコルトレーンやエヴァンスやオーネットはラッセルのこの理論に深く耳を傾けたことだった。それがモードジャズの誕生だ。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #38「日野皓正・元彦さんとの仕事」

閲覧回数 6,493 回

元彦さんは皓正さんを「兄貴」と慕い、皓正さんは元彦さんを「トコ」と何かにつけ目をかけていた。二人はとても生真面目で真摯に音楽に立ち向かい、自らを厳しく律していた。

Share Button
Read more

#6 星降るサハラ砂漠を目指して

閲覧回数 7,153 回

砂漠に出たら、すでに旅人や住人が砂上に横たわっているではないか...。見習って仰向けに寝たら大地の懐は涼しく身体を抱きしめてくれるのだった、あ〜何といい気持ちなんだ。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #3. アニタ・オデイのブラックドレス

閲覧回数 4,307 回

アニタ・オデイ、というとほとんどのジャズファンが1958年のニューポート・ジャズフェスティバルでブラックにホワイトのオーストリッチのついたドレスを着て<Sweet Georgia Brown >と<Tea for Two >を歌う姿を思い浮かべるのではないだろうか?

Share Button
Read more

LIVE EVIL #29「Bitches Brew for hipsters only 10 周年記念コンサート」

閲覧回数 6,216 回

とりあえず、10年間お疲れ様でした。機会があればまたレコード・ジャケットの撮影をお願いしたいね。

Share Button
Read more

Live Evil #28「日米友好コンサート / 米国空軍太平洋音楽隊・アジア」

閲覧回数 4,765 回

バディ・リッチで幕を開け、ベイシーで閉じる、アメリカの豊穣なジャズ文化だ。白人隊員中心の軍楽隊だが、アフリカン・アメリカンのバリサックスもいる、女性隊員のトロンボーンとヴォーカルもいる。

Share Button
Read more

音の見える風景 Chapter51 リー・モーガン

閲覧回数 21,828 回

放り出されたヘレンはコートを取りに店に戻るといきなりリーがもの凄い形相で詰め寄ってきた。
その瞬間、ヘレンの手にしていた拳銃から放たれた銃弾がリーの胸を貫いていた。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #22 ジョン・アバークロンビー <3 East>

閲覧回数 10,678 回

筆者が苦手なアバクロ、筆者がなぜアバクロが苦手なのかの解説に挑戦。一方アバクロのお気に入りアルバム、『Night』からプログレ系名曲<3 East>を題材に、このアバクロ作品の魅力や、ヤン・ハマー、ディジョネット、マイケル・ブレッカー等の共演者の凄さを解説。

Share Button
Read more

#5 未知の国スペインへ

閲覧回数 10,005 回

幸いにも、海岸沿いに南下する電車は直ぐにやってきて、景色を見つつこ れはという駅で降りたのがタラゴーナという鄙びた駅で、美しい海岸の町でした。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #1. チャーリー・パーカーのストライプスーツ

閲覧回数 4,860 回

チャーリー・パーカーが好んで着ておりよく似合っていた、と思うのはペンシルストライプの間隔が少し幅広で地の色が濃いスーツだ。ダブルブレストの4つボタン6つボタンで襟は幅広のピークドラペル( 襟先が尖ってシャープなもの)。トラウザーはゆったりしたで幅広のシルエットで裾はシングル。バードの写真の中にシャツに皮のサスペンダーをしている写真をよく見かけるが、サスペンダーを着用していたに違いない。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #2. ダイナ・ワシントンのサック・ドレス

閲覧回数 4,926 回

1958年のアメリカ東海岸ニューポートで催された第5回ニューポート・ジャズ・フェスティバルを記録した『真夏の夜のジャズ(Jazz on A Summer’s Day)』(1960年公開)は出演者の顔ぶれ、演奏のみならず、編集、映像も素晴らしいドキュメンタリー映画だ。ダイナ・ワシントンもこのフェスティバル出演者の一人だった。この映画の中には、何人かの素晴らしい女性シンガー達が登場するが、今でも個人的に一番ショッキングで好きなのはダイナ・ワシントンだ。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 54 ジェリ・アレン

閲覧回数 8,042 回

女性ミュージシャンのジャズ界への貢献ということならば、メリー・ルー・ウィリアムズに続くものではないだろうか。意志の強さを感じさせる明確なタッチとリリシズムを内在させた明晰なピアニズムは、時代を超えて聴き継がれていくに違いない。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #21 ジェリ・アレン<RTG>

閲覧回数 10,885 回

1トラック目から聴き始め、ぶっ飛びまくった。カーターとウイリアムスのグルーヴはマイルス時代よりさらに進化しているのに加え、ジェリは抜群のタイムの位置でグルーヴしまくりだ。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #37 「ECM スーパー・ギター・フェスティバル」
〜故伊藤博昭さんを偲んで

閲覧回数 6,612 回

このギター・ファンが狂喜すると思われたフェスは半ば成功、半ば失敗に終わった。

Share Button
Read more

Kaz Harada ジャズ・ヴァガボンド ー覚醒への旅ー4

閲覧回数 13,563 回

彼は登山を趣味とし、今回は休暇を取りスイスのアイガーに挑戦するとのこと。 その前に、フィレンツェを訪ね、南仏コートダジュールを経てスペイン、アフリ カ、サハラ砂漠へ行きたいという話を聞くに至り、ダラハ君日和ってるバヤイじゃ ないぞ!

Share Button
Read more

特別寄稿 「CDからラッカー盤まで聴き比べ」レポート 山田野案山子

閲覧回数 5,506 回

その次にLPレコードをかけたのですが、同じ音源かと思うほど、まったく入っている音が違い、これには驚きました

Share Button
Read more

音の見える風景 Chapter #50「レイ・ブラウン」

閲覧回数 28,562 回

精妙で機知にとんだバッキング、つやっぽいウォーキング、ゆったりとした寛ぎのあるソロはいまだに色あせていない。
レイ・ブラウンはまさにスーパー・ベースであった。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #20  <Tony Then Jack>

閲覧回数 9,993 回

このアルバムで提示されているスイングのグルーヴは、聞き慣れたジャズのパターンなのにタイム感が斬新だ。このアルバムではキース・ジャレット・トリオで聴き慣れたディジョネットのスイング感と違うところを解説。また、ジョン・スコフィールドのオリジナル曲、<Tony Then Jack>という、タイトルと内容の関連性の理解に苦しむが色々な意味で斬新なブルースを解説。

Share Button
Read more

Kaz Harada ジャズ・ヴァガボンド ー覚醒への旅ー 3

閲覧回数 17,931 回

もうすっかりラブ・アフェアを期待して、ガキの頃からの愛唱歌、I Can’t Give You Anything But Love (捧ぐるは愛のみ) を口笛しながらのテルホ探し、このばやいペンションじゃいけません、なにせ若き燕を志す御身ですからね。

Share Button
Read more

53. ハーモン・メハリ『ブルー:Bleu』

閲覧回数 16,769 回

全コラム# 51, マット・ケインとカンザス・シティ・ジェネレーション・カルテットのメンバーの一人、ハーモン・メハリが新アルバム『ブルー:Bleu 』をリリースした。
カンザス・シティ期待の星、ハーモン・メハリにその後の活動の様子や新アルバム『ブルー:Bleu 』について聞いてみた。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 53 高瀬アキ

閲覧回数 7,529 回

嬉しいニュースが届いた。高瀬アキ&デイヴィッド・マレイによる『Cherry – Sakura』(Intakt)がドイツ批評家賞をジャズ部門で受賞したという。高瀬はこれが9回目の受賞、渡独してから約30年、その地で確実に実績を積み重ねてきたことが評価されているといいていい。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #19 <Nardis>

閲覧回数 12,014 回

5月26日、マイルスの生誕91周年を迎え、筆者のお気に入りの<ナルディス>を取り上げ、マイルスが『Kind Of Blue』でジャズの歴史に残したモード・ジャズの解説を試みた。この曲はマイルスがあまりにも時代を先行し過ぎて、作曲当時ビル・エヴァンス以外マイルスを満足させられず、マイルス自身によって録音されることなくボツになった曲だ。

Share Button
Read more

タガララジオ 47

閲覧回数 7,812 回

さよなら!、だれだれ、こんにちは!、だれだれ、

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #36 富樫雅彦

閲覧回数 9,179 回

2007年8月22日、富樫雅彦が逝って早くも10回目の夏を迎えようとしている..。

Share Button
Read more

Kaz Harada ジャズ・ヴァガボンド —覚醒への旅—2

閲覧回数 17,172 回

トランペッターは猪突猛進、未知の冒険に何のためらいも抱きませぬ。

Share Button
Read more

Live Evil #27 あの川、そこの川~谷端川の物語〜

閲覧回数 6,626 回

池袋を本拠地とするムジカフォンテが、豊島区の歴史に取材したミュージカルを上演するのは今回で4度目だという。「あの川、そこの川〜谷端川の物語〜」。

Share Button
Read more

音の見える風景 Chapter49 後藤篤

閲覧回数 36,448 回

類は類を呼ぶ、板橋文夫、林栄一そして後藤篤、みんなエネルギーの塊である。

Share Button
Read more

JAZZ meets 杉田誠一 #100「生悦住英夫について知っている2、3のことども」

閲覧回数 10,995 回

演奏は終わると必ず生悦住は、自らに言い聞かせるようにつぶやく。「生命を削って」まで聴きに来たのだ。

Share Button
Read more

52. マット・ケイン&カンザス・シティ・ジェネレーション・セクステット

閲覧回数 9,088 回

マット・ケインと、ハーモン・メハリを始めとするカンザス・シティの若い世代のミュージシャン達を巡り、カンザス・シティのジャズシーンに見られる動きに注目。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #18 『Caravan』

閲覧回数 17,616 回

アバンギャルドという看板を背負わされたことを嫌い、黒人文化と黒人音楽の伝統を守りながら驚くべきクリエイティビティーを世に残したアーサー・ブライスだったが、商業的に成功しなかったことに苦悩し、パーキンソン氏病に倒れた彼の真のジャズ・アーティストとしての姿を分析してみると同時に、ジャズ・ラテンという曖昧なスタイルの解析も試みてみた。

Share Button
Read more

Kaz Harada ジャズ・ヴァガボンド —覚醒への旅—1

閲覧回数 17,376 回

ドアを開け下界とは隔絶された懐かしい世界に入っていった。室内にはロリンズの心踊るサウンドが響きわたっていて、心臓は早鐘を打ち、血沸き 肉踊るとはこの事なのだろう。

Share Button
Read more

Reflection of Music vol. 52 ミシャ・メンゲルベルク

閲覧回数 11,971 回

ミシャ・メンゲルベルクはヨーロッパの音楽シーンにおける60年代のパラダイム転換を象徴するミュージシャンだった。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #17 『Hypochristmutreefuzz』

閲覧回数 17,238 回

エリック・ドルフィーの<Last Date>でしかミシャ・メンゲルベルクの名を知らなかった筆者、訃報をきっかけにミシャのフリー・インプロバイザーとしての実力やICPなどでの活躍を知るが、フリー・インプロバイザーとジャズとを両立できる数少ないアーティストとして感銘を受け、ジャズ・プレーヤーとしてのミシャを解析して見た。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #36 『山下和仁+ラリー・コリエル /ギター・オデッセイ: 四季』

閲覧回数 12,030 回

背筋を伸ばし上半身を直立させて弾くラリーに対し、背中を丸めギターのボディに覆いかぶさるようにして弾く山下。この姿勢はおそらく大きなギターを抱え込んで弾いていた幼少の頃の癖が抜けきれないのだろう。

Share Button
Read more

Live Evil #26 「横田明紀男レコ発インストア・ミニライヴ」

閲覧回数 8,290 回

デコラティヴな奏法ながら全体としては設計のしっかりした構成美に富んだ横田の演奏からはどこかガウディの建築が想起されたといえば言い過ぎだろうか。

Share Button
Read more

Chapter 48 ケニー・ドーハム

閲覧回数 43,213 回

1957年のある夜、場所は伝説のカフェ・ボヘミア。マイルスのセットにドーハムがやってきて飛び入りで吹き、マイルスより目立つ演奏をして意気揚々と引き上げていった。そしてその翌日もドーハムがやってきて今夜も吹かせてほしいとステージに立った。今度はマイルスがドーハムを完全にねじ伏せたという

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #16 『The Train and the River』

閲覧回数 19,558 回

フュージョン界のゴッドファーザーと言われていたラリー・コリエルが突然死してしまった。筆者の大好きなフィリップ・カテリーンとのデュオアルバムから<The Train and The River>を解説するとともにコリエルの偉業やフュージョンの歴史も解説。

Share Button
Read more

特別寄稿 「良い音、忠実な音、心地よい音、太い音、細い音、歪と飽和の識別原理」

閲覧回数 9,615 回

アーチストが発信する音が先ず一番の基本となります、それらが例え歪んでいようと、飽和してようと、多少音程が外れていようと、もしアーチストがこれが自分の求めている音であり満足の行くものであればそれを修正する必要はない事になります

Share Button
Read more

#34 King of Fighters

閲覧回数 9,015 回

尻込みする西村の尻を叩いた村田マネジャーに連れられて大阪府立体育館のかぶりつきに座る。3番手の田村潔司の場面で流血、血しぶきが飛んでくる。常連と思われる前列の客が開いた傘で血しぶきを避けながらの観戦となった。

Share Button
Read more

Reflection of Music vol. 51 アリルド・アンデルセン(アーリル・アンダーシェン)

閲覧回数 10,658 回

アリルド・アンデルセンはノルウェーのジャズ・レジェンド。彼の60年代からのキャリアを辿ってみると、ノルウェーのジャズ受容史が見えてくる。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #15 『Nem Um Talvez』

閲覧回数 14,971 回

エルメートがマイルスに提供したこの恐ろしく美しい曲。正しいフォームとコード進行があまり知られていないこの曲を解説。

Share Button
Read more

51. A Touch of Love : ジェネヴァ・プライスからの贈り物

閲覧回数 7,261 回

2016年の大晦日。カンザス・シティの女性ヴォーカル・グループ、ワイルド・ウィメン・オブ・カンザスシティのシンガー、ジェネヴァ・プライス(Geneva Price)からギフトが届いた。37年前の彼女のファーストレコーディングのコンテンポラリー・クリスチャン・ミュージックの<A Touch of Love>。新しい年、2017年に向け、大きなモチベーションになった。

Share Button
Read more

#26 Racha Fora (ハシャ・フォーラ)Japan Tour 2016

閲覧回数 15,740 回

ブラジル色を強く打ち出してきたRacha For a(ハシャ・フォーラ)が今年はジャズに重心を移し、自由に動けるようにとフルート、ギター、パーカッションのトリオ編成を基本としてチャレンジしてきた。

Share Button
Read more

#33 シカゴAACM 10周年記念フェスティバル 1975

閲覧回数 16,134 回

僕のジャズ・キャリアの中でAACMとECMに出会えたことはとても幸運だった。AACMのCMは Creative MusiciansだがECMのCMはContemporary Musicだ。Creative MusiciansとContemporary Music、これ以上、何を望めばいいのだろう …)。

Share Button
Read more

#99 追悼 “Dr.Jazz” 内田修 「神の園へ」

閲覧回数 12,699 回

いまは「神の国」で、楽しく高柳さん、金井さん、宮沢昭さん、プーさんらと、心ゆくまで、スイングしていることでせう。
 

Share Button
Read more

Chapter 47 ローランド・カーク 

閲覧回数 48,345 回

41歳という若さで3管同時演奏という世にもまれな演奏方法と誰とも違った音の世界を探求し続け、命を絶つ直前まで演奏をし続けたカークの音への意欲は想像を絶する。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #14 『Mind Transplant』

閲覧回数 10,170 回

2016年12月26日にAlphonse Mouzon(アルフォンス・ムザーン)が68歳で他界してしまった。70年代にはファンク系で活躍、その他マイルスのDingoに出演し曲を提供したり、確かウェザー・リポートのオリジナルメンバーだった。

Share Button
Read more

#25 Kishiko クリスマス・ゴスペル・セッション Kishiko meets Samuelle Vol.2

閲覧回数 7,797 回

沼袋のオルガン・ジャズ倶楽部の存在は知っていたが足を踏み入れるのは初めてだ。B3(ハモンド)とレスリー・スピーカーに加えピアノも常設という稀有な存在。

Share Button
Read more

#24 追悼特別展「高倉健」

閲覧回数 6,999 回

この高倉健の特別展はプロジェクターや大小さまざまなデジタル・モニターを駆使したデジタル時代の新しい形態の美術展のひとつと言えるかも知れない。

Share Button
Read more

#23 Project Cai 『Winter & Christmas featuring Marico』


閲覧回数 7,441 回

多くの場合、神やキリストは「あなた」に置き換えられるので、とりようによってはラヴ・ソングとしても充分通用するだろう。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 50 JazzFest Berlin 2016

閲覧回数 11,917 回

グローブ・ユニティ・オーケストラ50周年記念コンサートをベルリン・ジャズ祭のステージで行うという。加えて、少し前から気になっていたフランスの若手ピアニスト、イヴ・リッサのホワイト・デザート・オーケストラも出演する。これは行かねばなるまい。11月のベルリンはどんよりとした雲の下、暗くて寒い。だが、プログラムに背中を押さるようにベルリンへ向かった。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #13 『Lucky Punch』

閲覧回数 14,321 回

グルーヴ系の曲やスキャットなので著名なベイリーにしては、この曲はかなり斬新なクリエイティビティーを秘めている。ベイリーは同収録の<Countdown>で示したようにトラディションを重んじる。彼のインプロのラインを見ると教科書に書いてあるようなフレーズが多い。そんな中この曲は聴いた途端におっ!と思わせるコード進行とメロディーラインなのである。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 49 (Extra) 生活向上委員会+ドン・モイエ

閲覧回数 13,950 回

「TIME TUNNEL」と題された生活向上委員会+ドン・モイエの座・高円寺での公演をスライド・ショーでドキュメント。

Share Button
Read more

Chapte 46 ジャッキー・マクリーン 

閲覧回数 56,318 回

また、別のステージでは渡辺貞夫 (as) とアルト・マドネスを展開、生まれも育ちもパーカー派の二人はバードゆかりの<コンファーメーション>や<デクスタリティ>を気持ちよさげに吹き上げた。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #12 『Shake Loose』

閲覧回数 33,230 回

このアルバム、ドニーは自分の曲作りのスタイルを維持しながらも明らかにボウイの影響を受けて一段階前進しているのがはっきり聞こえてくる。それはボウイの名曲、<A Small Plot Of Land>と<Warszawa>が収録されているからというわけではない。いや、むしろこの2曲のドニーの料理の仕方をまず特筆すべきだろう。是非ボウイのオリジナルと聴き比べて頂きたい。2曲ともボウイとブライアン・イーノの共作だ。つまりボウイがシンセに重点を置いていた作品の中からの選曲だ。ボウイ亡き後ドニーはボウイのオリジナルメロディーをその原曲と違う仮面にすげ替えて新しい音楽を生み出している。<Warszawa>に至っては、まるで<In A Silent Way>のような空気と思えばコルトレーンの背後霊まで付いてくる。

Share Button
Read more

#22 「サムルノリ in 高麗 2016 〜 高麗郡建都1300年記念」

閲覧回数 10,283 回

チンのカンミンソク師の顔がなかったのは寂しかったが、まさにレジェンドとしてのサムルノリがそこに存在してあった。

Share Button
Read more

#32 ドン・チェリー 生誕80年

閲覧回数 8,722 回

1936年11月18日生まれのドン・チェリーが11月18日に生誕80年を迎える。

Share Button
Read more

Reflection of Music vol. 48 JAZZ ART せんがわ

閲覧回数 16,322 回

「JAZZ ARTせんがわ」のようなフェスティヴァルはメディアでもある。2日間通えば、現代のリアリティを体験することが出来る。東京ローカルとはいえ、幾つもの音楽シーンが存在する。それを横断するような新たな出会い、刺激のある独自のプログラムがあるところがいい。

Share Button
Read more