悠々自適 #78 「あれもこれも」

閲覧回数 1,326 回

とにかく月に1枚のペースでCDを発売する藤井郷子と田村夏樹夫妻の動向からは目が離せない。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 58 ロジャー・ターナー

閲覧回数 946 回

ロージャー・ターナーはソロで聴かせることも出来る希有なドラマー/パーカッショニストだ。ドラムスに内在する始源の音から、未来志向のサウンドまで空間を行き来し、音から音楽へと響きの変化を追求する冒険者の探求心を感じる。

Share Button
Read more

#168 レント・ロムス Rent Romus〜“奇妙な”音楽とウェストコースト即興シーン

閲覧回数 1,678 回

優れたサックス奏者であるだけでなく、プロデューサー/キュレイターとしてウェストコースト即興シーンのキーパーソンでもある鬼才レント・ロムスがユニークな音楽思想を語る。

Share Button
Read more

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第20回 アミナ・クローディン・マイヤーズ~インタビュー~

閲覧回数 1,355 回

AACMのメンバーとして現在も精力的に活動するアミナ・クローディン・マイヤーズ。ブルース、ゴスペル、フリー、歌、どれもが彼女にとっては自然な表現方法だ。唯一無二の個性を持ったマイヤーズに、これまでの音楽の軌跡について話してもらった。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #27 Roswell Rudd

閲覧回数 1,769 回

ニューヨーク・アートクァルテットなどでの演奏でフリージャズにおけるトロンボーンの位置付けをしたラズウェル・ラッド。恐ろしいほどの数のアルバムを残して他界した、そのほとんどのプロジェクトは多岐にわたるジャンルやスタイルとのコラボ。彼のトロンボーンのスタイルは2種類に別れていたようだ。その2種類が上手に合わさった珍しい録音から1曲解説してみた。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #7「チェット・ベイカーのミニマリズム」

閲覧回数 978 回

T-シャツ1枚のチェット・ベイカーがセクシーでクールだと感じる。
無駄なものはない、彼のミニマリズムなのだ。

Share Button
Read more

Live Evil #31「阿部克自没後10周年記念写真展 トークイベント」

閲覧回数 1,605 回

なんと言ったら良いか、“日本が世界に誇るべき国際的な名ジャズ・ファン”とでもいうしかないですね。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #42 『ジャック・ディジョネット+デイヴ・ホランド/タイム&スペース』

閲覧回数 1,266 回

トリオレコードが初めて全社一丸となって制作したアルバムが完成した。

Share Button
Read more

#1488 『Shinya Fukumori 福盛進也/For 2 Akis』

閲覧回数 2,276 回

福盛進也のドラムワークは、法王ポール・モチアンの系統を強く感じさせるものでもある、そこがこのアルバムに耳をそばだてる強い引力になっている、

Share Button
Read more

#1487 『NAO TAKEUCHI / BALLADS~竹内 直/バラード』

閲覧回数 1,883 回

コルトレーンのバラードは優しく空間を包み込むように広がりを見せるが竹内直のバラードは前へ前へと直進してくるようなリアリティ、切実さがある。

Share Button
Read more

#1486 『Rob Pumpelly, Rent Romus, Eli Wallace / The Expedition』

閲覧回数 1,352 回

『The Expedition(探検)』というタイトル通り、レント・ロムスたちの音楽探検の旅が記されたたサンフランシスコ・シーンの息吹を感じる最高のドキュメント。

Share Button
Read more

#1485 『James Brandon Lewis & Chad Taylor / Radiant Imprints』

閲覧回数 1,351 回

JBLとチャド・テイラー。さまざまな活動によって暴れてきたふたりのデュオは、意外にもジャズ回帰であった。しかし、それは、極めて野心的で骨太なサウンドである。

Share Button
Read more

#1484 『Yedo Gibson – Vasco Trilla / Antenna』

閲覧回数 968 回

アムステルダム在住ブラジル人リード奏者 Yedo Gibson と、バルセロナ在住ポルトガル人パーカッショニスト Vasco Trilla による、コスモポリタン・デュオユニットの第2作。Yedo Gibson の“あれ”に心奪われる。

Share Button
Read more

#1483 『Fish From Hell / Moby Dick Wanted !』

閲覧回数 958 回

フランスのトリオによる『白鯨』をテーマとした音楽劇。人間とモビィ・ディックの描き方の対比が趣深い。

Share Button
Read more

#1482 『The Noise Eating Monsters / The Noise Eating Monsters』

閲覧回数 962 回

「ノイズを食う怪物たち」3人による、ロックやフリージャズやファンクを取り込んだ楽しき即興音楽

Share Button
Read more

#1481 『コンストラクト & 灰野敬二 / 少しずつ曲がっている哲学 その先には湿地がある』

閲覧回数 1,072 回

地下音楽のカリスマ灰野敬二とトルコのオーガニック・ミュージック・コンボ、コンストラクトの共演は、二つの世界の境界を滲ませる灰野哲学の伝承である。

Share Button
Read more

#1480 『灰野敬二 ジョン・ブッチャー / 光 眩しからずや』

閲覧回数 1,072 回

灰野敬二とUK即興サックス奏者ジョン・ブッチャーの共演ライヴ・アルバム。タイトル通り『眩しからぬ光』が両者のコラボの変化と発展の動機/要因/目的/希望である。

Share Button
Read more

#1479 『Thomas Strønen Time Is a Blind Guide / Lucas』

閲覧回数 1,187 回

ピアニストの田中鮎美がサウンドに新しい重力をもたらしているようだ、

Share Button
Read more

#999 Winter Song book with Miwazow
みわぞうと冬のソングブック~みわぞうブレヒトを歌う

閲覧回数 1,432 回

生誕120周年を祝って今年は「ブレヒトを歌う」が他にも企画されるかもしれないが、彼女には名曲アルバム以上に、現代日本で彼の仕事を振り返り歌い直す意味を即興と逸脱の余地を広げて発想したのに動かされた。

Share Button
Read more

# 404『藤井郷子/ソロ』

閲覧回数 804 回

最近、ハイレゾを意識した録音が流行(はや)る中、肉厚でアタックの骨太な表現で仕上げた録音が強烈な印象を与える。

Share Button
Read more

# 403 『セロニアス・モンク/コンプリート・ラスト・ロンドン・レコーディングス

閲覧回数 868 回

シンバルの音は、こうありたいと思うのだ。

Share Button
Read more

# 402『高樹レイ+織原良次/Duo three』

閲覧回数 1,201 回

言語の歯切れと肉質を近接で聞けるサウンドの魅力がたまらない。

Share Button
Read more

# 401 『豊住芳三郎&ジョン・ラッセル/無為自然』 

閲覧回数 774 回

開放感が鋭い音像の襲撃を和らげている。

Share Button
Read more

# 400『とよずみよしさぶろう クラウディア・チェルベンカ ジャン=ミシェル・ヴァン・ショウブルグ/Forestry Comrade』

閲覧回数 759 回

ライヴ環境で、ここまで音像がしっかりした録音は素晴らしい。

Share Button
Read more