ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #29 Keith Jarrett <Old Folks>

閲覧回数 2,606 回

最初筆者があまり得意でなかったキースのこのトリオ、彼は1988年に病に倒れ、2年間の療養の後グルーヴ感をすっかり変えた。それを記録する貴重なアルバムがこの『After The Fall』。この「スタンダーズ・トリオ」のタイム感のすごさを解説。加えて、名曲<Old Folks>での、キースには珍しい彼のインプロの垂直アプローチを掘り下げてみた。

Share Button
Read more

#1511『挾間美帆+メトロポール・オーケストラ・ビッグバンド/ザ・モンク:ライヴ・アット ・ビムハウス』

閲覧回数 1,853 回

まさにあのセロニアス・モンクが突如、現代に甦ってきたことを実感させる、素敵なアルバム

Share Button
Read more

#1510 『Rent Romus’ Life’s Blood Ensemble / Rogue Star』

閲覧回数 1,748 回

音楽シーンの「はぐれ星」であるレント・ロムスとライフス・ブラッド・アンサンブルの最新作は、「JAZZ」という伝統的なスタイルに秘められた無限の可能性を探索するピュア・ジャズの意欲作である。

Share Button
Read more

#1509『ベニン – リオ – 東京 / Nobie featuring リオーネル・ルエケ、トニーニョ・オルタ&馬場孝喜』

閲覧回数 1,924 回

Nobieを象徴し、3カ国3人のご機嫌過ぎるギタリスト、リオーネル・ルエケ、トニーニョ・オルタ、馬場孝喜との素晴らしいセッションを集約したのが本アルバムだ。

Share Button
Read more

#1508『挾間美帆 +メトロポール・オーケストラ・ビッグバンド /  ザ・モンク:ライヴ・アット・ビムハウス』

閲覧回数 1,388 回

これまで、挾間の編曲プロジェクトよりも、自身のm_unitで演奏されているようなオリジナルをもっと聴きたいと思って来たが、挾間がジャズの古典に新しい生命を持たせる魔法もより楽しみになって来た。

Share Button
Read more

#1507 『バール・フィリップス=吉沢元治/Oh My, Those Boys!』

閲覧回数 1,246 回

二度とこの演奏には出会えない。この録音以外では。つまりこのライブが企画され、録音されていたことが、そしてこのように届けられたことが僥倖である。

Share Button
Read more

#1506 『辛島文雄/My Life in Jazz』

閲覧回数 2,537 回

CDを収めると辛島のポークパイ・ハットがCDで覆い隠される、グッドバイ・ポークパイ・ハット…合掌。

Share Button
Read more

#1505 『三枝伸太郎&小田朋美:わたしが一番きれいだったとき/Shintaro Mieda & Tomomi Oda: When I was young and so beautiful』

閲覧回数 1,739 回

ことばを声に出すこと—詩が「うた」となる尊さを、最大限に掘り下げたアルバム。ときに囁くように、ときに演劇的な台詞回しで、ときに音塊と化したスキャットで、シラブルが、単語が、フレーズが、きらきらと輝いて飛躍する。/ Speaking words out loud and then turning poetry into song; this album delves deeply into such precious moments. Sometimes whispering, sometimes with dramatic elocution, or sometimes in scatful bright clusters of sound. Syllables, words, and phrases dazzle and leap.

Share Button
Read more

#1504 『Gene Jackson Trio Nu Yorx / Power of Love』

閲覧回数 1,772 回

華々しいキャリアを誇るジーン・ジャクソンが、遂に初リーダー作となるピアノトリオ盤を出した。これまでのジャクソンの参加作よりも、ドラマーとしての傑出した個性を前面に押し出しており、非常に聴き応えがある。

Share Button
Read more

#1503 『Christian Lillingers Grund / C O R』

閲覧回数 1,490 回

Christian Lillinger 率いるオールスターグループの最新作にして、レーベル設立第一弾。一曲一曲が奇妙な小宇宙である全編にわたって、彼の美学とスネアドラミングが行き渡っている

Share Button
Read more

#1502 『福盛進也/フォー・トゥー・アキズ』

閲覧回数 1,322 回

無言歌がロマン主義の賜だとすれば、『For 2 Akis』においては、まさにどの曲もネオロマンチシズムの情緒に満ちあふれている。いや、過剰とさえ思える程だ。

Share Button
Read more

#1501 『石井彰/Silencio~ Chamber Music Trio』

閲覧回数 1,841 回

このトリオ、ドラムのかわりにチェロを入れたことによりエネルギーのバランスがソフトになり自然で一体となって溶け込んでいる。

Share Button
Read more

#1005 高橋悠治ピアノリサイタル「余韻と手移り」

閲覧回数 1,176 回

2018年3月2日 浜離宮朝日ホール t

Share Button
Read more

#1004 『喜多直毅クアルテット:呪詛〜沈黙と咆哮の音楽ドラマ/Naoki Kita Quartette: Curse—A Music Drama of Silence and Roaring』

閲覧回数 2,281 回

うたかたの酔い、澄みゆく空気の推移から氷塊のクラッシュまで、組んず解れつ切り替わるシーンの連結。個々の演奏家のエッジィな部分が共振しては勃興する音の気配、香気。彼らの音楽は全員の総和でなく相乗で成り立っている。/From the intoxication of effervescent bubbles, the quiet shift of crisp air, to the crash of a heavy block of ice, we experience the dramatic interconnection of changing scenes locked in a fierce and powerful struggle. Each musician’s edgy parts resonate and rise to power, hinting at the signs and fragrances within the sound. Their music is a synergy, rather than the simple sum total of all members.

Share Button
Read more

#420 『挾間美帆+メトロポール・オーケストラ・ビッグバンド/ザ・モンク〜ライヴ・アット・ビムハウス』

閲覧回数 1,234 回

各パートの艶やかな音質に、マイク選びの巧さを感じ、緻密なミックスも感じる。

Share Button
Read more

#419 『バール・フィリップス=吉沢元治/Oh My, Those Boys!』

閲覧回数 1,169 回

エフェクトとのバランスも整えられて、強烈刺激にのけぞる感触はライヴでも同じか。

Share Button
Read more

#418 『姜泰煥ソロ/ライヴ・アット・カフェ・アモレス』

閲覧回数 1,146 回

録音の狙いどころを熟知したマイキングを見たいものだ。

Share Button
Read more

#417 『藤井郷子オーケストラ・ベルリン/ナインティナイン・イヤーズ』

閲覧回数 1,130 回

そこは演奏のバランスにお任せが聞き取れ、ミックスでの調整ではない迫力を感じる。

Share Button
Read more

#416 『ノーマ・ウィンストン / デスカンサードー 〜映画のための歌』

閲覧回数 1,228 回

ボーカル作品の造り方に一つの提案であろう

Share Button
Read more

#415 『Nao Kawamura / KVARDA』

閲覧回数 1,145 回

耐えるスペックの良さを伴った録音とマスタリング技術に喝采。

Share Button
Read more

#414『藤原清登/Koffee Crush』 

閲覧回数 1,096 回

テーマはベースであることを強く感じさせ、低音域の緩い響きが刺激的に迫るサウンド空間。

Share Button
Read more

#413『ペトラ・ヴァン・ナウス&アンディ・ブラウン/トライ・トゥ・リメンバー』

閲覧回数 1,097 回

ボーカルとギターのデュオ。シンプルが故に録音の技量が問われる。

Share Button
Read more

#412 『Lucas Niggli / Alchemia Garden』

閲覧回数 1,106 回

オンマイクのどうだ!という録音ではない。

Share Button
Read more

#1500 『福盛進也トリオ / フォー・トゥー・アキズ』

閲覧回数 2,382 回

『For 2 Akis』は、ECMと日本を巡るさまざまなストーリーの広がりと収束を秘めた特別なアルバム

Share Button
Read more

#1499 『Norma Winstone / Descansado – Songs for Films』

閲覧回数 2,489 回

“In memory of John & Kenny”—−このアルバムは、ジョン・テイラー(1942年9月25〜2015年7月17日)とケニー・ホイーラー(1930年1月14日〜2014年9月18日)の思い出に捧げられている

Share Button
Read more

#1498 『Peter Kuhn Trio / Intention』

閲覧回数 2,912 回

地獄から復活したクラリネット奏者ピーター・キューンの活動の核を成すトリオの新作にあふれる無為自然の意図は、レント・ロムスと共振する西海岸即興シーンの奇跡的な超越的集合体を産み出した。

Share Button
Read more

#1497 『姜泰煥 Kang Tae Hwan / Live at Café Amores』

閲覧回数 2,720 回

姜泰煥ほどポリフォニックな奏法を駆使するサックス奏者はいない。独特な音の上下動で表出されるダイナミズム、そして繊細な表現から導き出される叙情性といい、本盤は姜泰煥の持ち味を見事に捉えている。

Share Button
Read more

#1496 『John Surman, Nelson Ayres & Rob Waring / Invisible Threads』

閲覧回数 2,157 回

新作『Invisible Threads』8曲目以降の、孤独で切ないサーマンという被り物を脱ぎつつあるような美意識でもって、そうさなあ、2CDライブ盤を制作してみてはどうだろう

Share Button
Read more

#1495 『ASUNA x Fumihito Taguchi/100×100』

閲覧回数 2,057 回

まあ即物的と言えば言えますが、ここまでのアナログ・サウンドを今、どれだけの人がやれるでしょうか。

Share Button
Read more

#1494 『石田幹雄 / 時景』

閲覧回数 2,416 回

石田幹雄の「真骨頂」をとらえた、待望のソロピアノアルバム

Share Button
Read more

#1493 『Kit Downes / Obsidian』

閲覧回数 2,090 回

教会オルガンの音色が必然的に持ってしまう文化的な文脈、その抑圧といったちからとの相克、サン・チョンとダウンズが創ったこのサウンドを聴くわたしたちリスナーは試されているようだ、

Share Button
Read more

#1492 『Alex Cline, Dan Clucas, Peter Kuhn, Dave Sewelson, Scott Walton / Dependent Origination』

閲覧回数 2,352 回

復活したピーター・キューンによる、「因縁生起」という名のスペクタクルなフリージャズ。

Share Button
Read more

#1491 『Rieko Okuda / Paranorm』

閲覧回数 2,898 回

ベルリン在住の奥田梨恵子によるピアノソロは、フィードバックの偶発性を意図的に利用し、トーナルなものを執拗に追及した、驚くべき作品である。

Share Button
Read more

#1490 『お酒の子守唄』

閲覧回数 2,042 回

「天音」は、実はお酒の名前でして、この音楽を聴かせながら発酵したという代物。

Share Button
Read more

#1489 『豊住芳三郎&ジョン・ラッセル/無為自然』

閲覧回数 2,822 回

根底にある二人の心根の優しさが時を越えてありのままのエモーションを語りかけてくる。

Share Button
Read more

#1003 Kurt Elling(カート・エリング)

閲覧回数 1,928 回

少なくともこの瞬間に立ち会えた私自身の喜びがないまぜになった感動で、胸が異常なまでに高まるのをしばし抑えられないほどだった。

Share Button
Read more

#1002 1971年新宿~2018年札幌。阿部辰也の過去と現在、2つの「フリージャズ最前線」をめぐって

閲覧回数 4,054 回

1970年代初頭、伝説の新宿ピットイン・ニュージャズ・ホールで若き日を過ごした阿部辰也。2018年、吉田野乃子らとともに「札幌 Free Jazz 最前線」と題したイベントに出演した彼の現在の演奏と、フリージャズへの思いをきいた。

Share Button
Read more

#1001 ケヴィン・ヘイズ&グレゴア・マレ

閲覧回数 1,944 回

終盤で演奏された、多分、<Senhorinha>の頃には、もう身も心も溶けていくような、本当に素晴らしいライブだった。

Share Button
Read more

#1000 蓮見令麻トリオ

閲覧回数 2,280 回

ニューヨークの変容するジャズの世界を生き抜くピアニスト蓮見令麻の歌を中心にしたトリオ演奏は、高潔な美意識の内側に漲る母性と慈しみに触れる心温まる一夜だった。

Share Button
Read more

#411 月刊藤井郷子#2『KAZE / Atody Man』

閲覧回数 2,177 回

録音テクニックの優れた表情が、表現を盛り立てる。

Share Button
Read more

#410 『福盛進也/For 2 Akis』

閲覧回数 2,088 回

ピアノの美しさには、とどめを刺された。

Share Button
Read more

#409 『Thomas Strønen Time Is a Blind Guide / Lucas』

閲覧回数 1,894 回

音楽の表現を見事に捉えた音場に引き込まれ、不思議な空間感に誘われる。

Share Button
Read more

#408 『Bobo Stenson / Contra La Indecisión』

閲覧回数 1,850 回

録音技術が音楽表現を一層強めたと言えよう。エンジニアの感性が濃厚に現れる。

Share Button
Read more

#407 『Kit Downes / Obsidian』

閲覧回数 1,852 回

電子楽器からは得られない開放感と重量感は、贅沢としか言い様がない。

Share Button
Read more

#406 『Evan Parker– Barry Guy – Paul Lytton / Music for David Mossman~Live at Vortex London』

閲覧回数 1,896 回

オンマイク手法と遮断が、このディスクの聴きどころなのだ。

Share Button
Read more

#405 『クニ三上/ムーン・リヴァー: Live At アートルーム新紀元』

閲覧回数 1,871 回

ピアノが、巧く浮かびあがるバランスもあって、響きの柔らかさと強さが、音像として耳に残る。

Share Button
Read more

#1488 『Shinya Fukumori 福盛進也/For 2 Akis』

閲覧回数 4,908 回

福盛進也のドラムワークは、法王ポール・モチアンの系統を強く感じさせるものでもある、そこがこのアルバムに耳をそばだてる強い引力になっている、

Share Button
Read more

#1487 『NAO TAKEUCHI / BALLADS~竹内 直/バラード』

閲覧回数 4,514 回

コルトレーンのバラードは優しく空間を包み込むように広がりを見せるが竹内直のバラードは前へ前へと直進してくるようなリアリティ、切実さがある。

Share Button
Read more

#1486 『Rob Pumpelly, Rent Romus, Eli Wallace / The Expedition』

閲覧回数 4,321 回

『The Expedition(探検)』というタイトル通り、レント・ロムスたちの音楽探検の旅が記されたたサンフランシスコ・シーンの息吹を感じる最高のドキュメント。

Share Button
Read more

#1485 『James Brandon Lewis & Chad Taylor / Radiant Imprints』

閲覧回数 4,014 回

JBLとチャド・テイラー。さまざまな活動によって暴れてきたふたりのデュオは、意外にもジャズ回帰であった。しかし、それは、極めて野心的で骨太なサウンドである。

Share Button
Read more

#1484 『Yedo Gibson – Vasco Trilla / Antenna』

閲覧回数 2,909 回

アムステルダム在住ブラジル人リード奏者 Yedo Gibson と、バルセロナ在住ポルトガル人パーカッショニスト Vasco Trilla による、コスモポリタン・デュオユニットの第2作。Yedo Gibson の“あれ”に心奪われる。

Share Button
Read more

#1483 『Fish From Hell / Moby Dick Wanted !』

閲覧回数 2,790 回

フランスのトリオによる『白鯨』をテーマとした音楽劇。人間とモビィ・ディックの描き方の対比が趣深い。

Share Button
Read more

#1482 『The Noise Eating Monsters / The Noise Eating Monsters』

閲覧回数 2,715 回

「ノイズを食う怪物たち」3人による、ロックやフリージャズやファンクを取り込んだ楽しき即興音楽

Share Button
Read more

#1481 『コンストラクト & 灰野敬二 / 少しずつ曲がっている哲学 その先には湿地がある』

閲覧回数 3,440 回

地下音楽のカリスマ灰野敬二とトルコのオーガニック・ミュージック・コンボ、コンストラクトの共演は、二つの世界の境界を滲ませる灰野哲学の伝承である。

Share Button
Read more

#1480 『灰野敬二 ジョン・ブッチャー / 光 眩しからずや』

閲覧回数 3,327 回

灰野敬二とUK即興サックス奏者ジョン・ブッチャーの共演ライヴ・アルバム。タイトル通り『眩しからぬ光』が両者のコラボの変化と発展の動機/要因/目的/希望である。

Share Button
Read more

#1479 『Thomas Strønen Time Is a Blind Guide / Lucas』

閲覧回数 3,091 回

ピアニストの田中鮎美がサウンドに新しい重力をもたらしているようだ、

Share Button
Read more

#999 Winter Song book with Miwazow
みわぞうと冬のソングブック~みわぞうブレヒトを歌う

閲覧回数 3,248 回

生誕120周年を祝って今年は「ブレヒトを歌う」が他にも企画されるかもしれないが、彼女には名曲アルバム以上に、現代日本で彼の仕事を振り返り歌い直す意味を即興と逸脱の余地を広げて発想したのに動かされた。

Share Button
Read more

# 404『藤井郷子/ソロ』

閲覧回数 2,429 回

最近、ハイレゾを意識した録音が流行(はや)る中、肉厚でアタックの骨太な表現で仕上げた録音が強烈な印象を与える。

Share Button
Read more

# 403 『セロニアス・モンク/コンプリート・ラスト・ロンドン・レコーディングス

閲覧回数 2,660 回

シンバルの音は、こうありたいと思うのだ。

Share Button
Read more

# 402『高樹レイ+織原良次/Duo three』

閲覧回数 2,820 回

言語の歯切れと肉質を近接で聞けるサウンドの魅力がたまらない。

Share Button
Read more

# 401 『豊住芳三郎&ジョン・ラッセル/無為自然』 

閲覧回数 2,462 回

開放感が鋭い音像の襲撃を和らげている。

Share Button
Read more

# 400『とよずみよしさぶろう クラウディア・チェルベンカ ジャン=ミシェル・ヴァン・ショウブルグ/Forestry Comrade』

閲覧回数 2,528 回

ライヴ環境で、ここまで音像がしっかりした録音は素晴らしい。

Share Button
Read more

#1476 『大西順子/グラマラス・ライフ』

閲覧回数 4,487 回

井上陽介と高橋信之介が聴いているこちらにはあたかも黒子に徹してプレイしているように見えながら、その実、トリオとしての音楽的展開の中枢をにない、大西との会話をスムースに運ぶ役割をも果たしている点で、今日の本邦を代表する屈指のピアノ・トリオであることを私は再確認した。

Share Button
Read more

#1475 『GATOS Meeting / The Book of GATOS』

閲覧回数 7,393 回

前作と合わせて聴くと林の円熟、メンバーの変遷などをへて「ガトス」が林のワークショップとしての爆発力、集中度、洗練度が磨き練られた一つの着地点と云える。

Share Button
Read more

#1474 『Sun Ship / Live at Blue Z』

閲覧回数 4,970 回

結成から20年を迎えたサンシップ。いまも変わらず人間の熱い音を聴かせてくれる。

Share Button
Read more

#1473 『Rent Romus’ Lords of Outland / In the darkness we speak a sound brightness and life』

閲覧回数 5,825 回

サンフランシスコのサックス奏者レント・ロムスのレギュラー・グループ「Lords of Outland(ガイキチ君主)」の最新作。西海岸の緩やかな共同体は音楽の精神的治外法権を志向する。

Share Button
Read more

#1472 『Devouring the Guilt / Devouring the Guilt』

閲覧回数 4,668 回

ジャケットのアイスクリームのようには甘くない。が、とびきり旨い。シカゴ新世代テナーサックス奏者によるパワフルなフリージャズ。

Share Button
Read more

#1471 『Rent Romus’ Lords of Outland / In the darkness we speak a sound brightness and life』

閲覧回数 4,601 回

鬼才レント・ロムスが長年率いる「Lords of Outland」の最新作は、おもちゃ箱のように楽しいもの面白いものを詰め込んだ、10編のポップなサウンドアート

Share Button
Read more

#998 エマニュエル・パユ SOLO

閲覧回数 3,384 回

それにしても単独フルートのコンサートに1632席の大半が埋まるほど観客が詰めかけるとは。さすがフルート希代の名手エマニュエル・パユのコンサートというべきか。

Share Button
Read more

#997 Sicilian Dream:
映画上映会 『Sicily Jass – The World’s First Man in Jazz』
フランチェスコ・カフィーソ・デュオ・コンサート

閲覧回数 3,712 回

カフィーソのたくましいうえに優しい最初の低音で釣り込まれた。「自分の音」を最初の一秒で響かせた。こんな突き飛ばすような一撃はめったにない。一発目で切り札のような「これ」を聴かせ、後は自在な音色とフレージングで走り切る。爽快な波に乗せられ遊ばれているような時間をすごした。

Share Button
Read more

#996 Dance Archive Project in Tokyo 2017 「たしかな心と眼」ウィリアム・クライン×大野慶人×アノーニ

閲覧回数 3,586 回

「水を打ったような静けさ」「固唾を呑んで見守る」という常套句がこれほど似つかわしい場面もないのでは、と思わせるほどの濃密な静寂が場内を覆う。

Share Button
Read more

#995 吉久昌樹・照内央晴デュオ

閲覧回数 3,542 回

この日の演奏は、それぞれの独奏とデュオであったが、いずれもインプロヴィゼーションであった。しかしこのインプロヴィゼーションが、ジャズ文脈のものでもサウンド依存のものでもなく、まして理念先行の即興である事自体だけを目的化したものでもなく、楽句から大形式へ向かう構造化過程を踏んだクラシック的なアンプロンプテュであった。

Share Button
Read more

#994 フローリアン・ヴァルター JAPAN TOUR 2017

閲覧回数 6,482 回

エッセンを拠点にジャズ、実験音楽、即興、現代音楽、劇音楽といった幅広い分野で活動する若手サックス奏者フローリアン・ヴァルターの初来日ツアー。日本の個性派ミュージシャンとコラボした2回のライヴ・レポートとインタビューでドイツ即興シーンの現在を探る。

Share Button
Read more

#993 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2017〜ラ・ダンス 舞曲の祭典
La Folle Journée au Japon 2017 – La Dance

閲覧回数 3,051 回

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」2017年は「La Dance〜舞曲の祭典」、ルネッサンスから今日までの600年にわたるダンスと音楽の密接な関係をたどるというのがテーマ。

Share Button
Read more

#399 『ロン・マイルス/アイ・アム・ア・マン』

閲覧回数 3,469 回

アコースティック空間に響く音像の図太さに圧倒される。ミックスの優秀さがダントツに光る。マスタリングも同様と考える。

Share Button
Read more

#398 『大西順子/グラマラス・ライフ』

閲覧回数 3,365 回

快適、快感、サウンドの渦に巻き込まれ、勢いが失われていない!

Share Button
Read more

#397 『 大西順子/ヴェリー・スペシャル』

閲覧回数 3,275 回

ギターとピアノは、お互い大きな音像で、ピアノの空間感が凄く良い味を造っている。

Share Button
Read more

#396 『十中八九/ 弐』

閲覧回数 3,466 回

トゥッティの襲いかかる部分にして、混濁のない録り方は巧いなあ〜と感服。

Share Button
Read more

#1470『板橋文夫+結/謡文』

閲覧回数 7,923 回

『板橋文夫+結/謡文』(MIX DYNAMITE 2017)で民謡と板橋ミュージックを合体、類例を見ない世界を築き上げた。

Share Button
Read more

#1469『Barry Altschul and the 3Dom Factor / Live in Kraków』

閲覧回数 6,096 回

三者三様のベストプレイが炸裂するこのアルバムを聴いていると、世界の中心で“ジャズ”と叫びたい気持ちになれる。

Share Button
Read more

#1468『Gondo’s Carol Brass Ensemble / Silent Night』

閲覧回数 5,228 回

ぼくらは歌ではないから器楽用に挑戦的なアレンジも施したりしてますが、でもやはり基本はボストンのあの空気感を録りたかったので別段複雑にしたつもりもありません。

Share Button
Read more

#1467『Laia Genc Liaison Tonique: Birds/ライア・ゲンク リエゾントニック:バーズ』

閲覧回数 5,358 回

叶わぬ過去、光明への助走期のような現在、未知の世界へのイマジナティヴな眼差しなど—こころの春秋がページを繰る毎に木漏れ日のようにたち現れるソング・ブック。/ This album is a songbook that the spring and autumn of one’s heart — unfulfilled past, run up period towards a bright future, imaginative look at an as-yet-unknown world— appear like sunlight filtering through the trees as the pages are turned by.

Share Button
Read more

#1466『gravity / tree』

閲覧回数 5,032 回

ドイツ出身のギタリスト、即興演奏家、作曲家Hannes Buder の新プロジェクト。ここで彼はギターではなく、チェロのみを弾いている。弦の響きが時の経過とともに織りなすドラマ性、時に荘厳さすら感じさせる幽玄美の中から、うっとりするような彼特有のリリシズムが透けてくる。

Share Button
Read more

#1465『TAMAXILLE/Live at Shinjuku PIT INN』

閲覧回数 7,865 回

通して聴くと72分41秒、『TAMAXILLE/Live at Shinjuku PIT INN』は(本田)珠也のリズム、4人のスイング感、グルーヴが全てで、かくしてピットインの夜は更けてゆく。

Share Button
Read more

#1464 『Rent Romus / Deciduous : Midwestern Edition Vol. 1』

閲覧回数 6,332 回

“即興の創造的な強靭さ・歴史・一期一会を共有する人々を橋渡しする”プロジェクト『Deciduous(落葉)』は、森の中の精霊を創造の種とする即興演奏のルーツを復興する試みといえよう。

Share Button
Read more

#1463『Muhal Richard Abrams featuring Malachi Favors / Sightsong』

閲覧回数 6,453 回

エイブラムスが残したデュオ作品のなかでもひときわ独特な魅力を持った作品。

Share Button
Read more

#991 ハシャ・フォーラ@阿佐ヶ谷ジャズ・ストリート

閲覧回数 3,220 回

ホンシュクは自他と共に認める「マイルス信者」でレコーディングやライブのいわば「縦軸」はマイルス・ディヴィスの影響と継承発展に、「横軸」は彼の師ジョージ・ラッセルのリディアン・クロマティック概念に基づいている。

Share Button
Read more

#990『トリフォニーホール開館20周年記念コンサート/クリスチャン・ヤルヴィ サウンド・エクスペリエンス2017』

閲覧回数 4,171 回

クラシック音楽における最先端は、今後どのようにそのエッジを研ぎ澄ませてゆくのだろうか。興味は尽きない。

Share Button
Read more

#989 吉田野乃子 Birthday Live 『ののこ三十路祭り』

閲覧回数 4,400 回

11月11日、吉田野乃子は30歳の誕生日を迎えた。第1部は彼女が近年取り組んでいるソロ、第2部が結成されたばかりの新バンド「エレクトリック・ヨシダ(仮)」。吉田の現在を映した、記念すべきライブとなった。

Share Button
Read more

#988『トリフォニーホール・グレイト・ピアニスト・シリーズ2017-18/エリソ・ヴィルサラーゼ&新日本フィルハーモニー交響楽団』

閲覧回数 4,128 回

名伯楽としてのキャリアが示すとおり、その演奏は決して奇抜な個性を押し出すものではない。楽曲の構成を噛み砕き、熟成させ、演奏の起伏を決して感情任せにしない。ポイントとなる音やフレーズを起点に変化を持たせ、裏づけ充分に作品を内側から組み直してはドラマを捻出する。演奏は自ずと説得力に満ちたものとなる。

Share Button
Read more

#987 カーリ・イコネン・ピアノ・ソロ

閲覧回数 3,225 回

けれん味のないロマンティックな精神は70年代のECMのジャズ・ピアニスト達にも通じる「青春性」を率直に表しているようで清々しかった。

Share Button
Read more

#986『舘野泉バースデー・コンサート2017 彼のための音楽を彼が弾く〜今井信子を迎えて/ Izumi Tateno Birthday Concert 2017〜Welcoming Nobuko Imai』

閲覧回数 4,796 回

新たなジャンルを切り開く先鋒に立ち続けることの厳かな美しさを、入魂の一音一音が雄弁に物語る。/ The intimate, soulful sounds relate with great eloquence the majestic beauty of one who remains standing at the vanguard as a pioneer of new genres.

Share Button
Read more

#985『アンリ・バルダ ピアノリサイタル/ Henri Barda Piano Recital』

閲覧回数 4,469 回

バルダが黙々と醸成してきた揺るがぬプリンシプルが結実、むせ返るような濃厚な世界に呑み込まれた。/ The unwavering principle that Henri Barda has tacitly cultivated bears fruit, the audience engulfed by his choking, dense world.

Share Button
Read more

#395 『Satoko Fujii Orchestra New York / Fukushima』

閲覧回数 3,737 回

奇抜を的確に捉えた録音に最大限の喝采を。

Share Button
Read more

#394 『Mario Laginha Novo Trio / Terra Seca』

閲覧回数 3,382 回

サウンド、音質、極めて良し。久々のアコースティック優秀録音。

Share Button
Read more

#393『波多江崇行 川下直広 小山彰太/Parhelic Circles』

閲覧回数 3,323 回

ドラムスのエッジに、遠近感の違いを感じる、このワザは何だ?

Share Button
Read more

#392『キアラ・パンカルディ/ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ』

閲覧回数 3,136 回

この盤は肉厚より繊細さに重点を置いたと受け止める。

Share Button
Read more

#391『Gondo’s Carol Brass Ensemble / Silent Night』

閲覧回数 3,305 回

管楽器の艶と、開放感、チューバの低音に、こうありたいと我が録音にかぶせる。

Share Button
Read more

#390『細川千尋/CHIHIRO』

閲覧回数 3,209 回

ピアノのオンマイクで注目されるのは、音の抜けを考慮していること。

Share Button
Read more

#389 『TAMAXILLE/Live at Shinjuku PIT INN』

閲覧回数 3,587 回

音像の明確さに、オーディオを意識してしまう録音だ。

Share Button
Read more