Column on This Issue

  • Reflection of Music Vol. 59 八木美知依

    八木美知依のさまざまな演奏活動は、これまでの箏奏者の活動範囲を超越している。フライヤーなどで見かける「ハイパー箏奏者」という呼称は、キャッチコピーのようでもあり、彼女の音楽的姿勢を上手く言い当てている。

    Share Button
  • Keith Jarrett After The Fall

    ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #29 Keith Jarrett <Old Folks>

    最初筆者があまり得意でなかったキースのこのトリオ、彼は1988年に病に倒れ、2年間の療養の後グルーヴ感をすっかり変えた。それを記録する貴重なアルバムがこの『After The Fall』。この「スタンダーズ・トリオ」のタイム感のすごさを解説。加えて、名曲<Old Folks>での、キースには珍しい彼のインプロの垂直アプローチを掘り下げてみた。

    Share Button
  • ある音楽プロデューサーの軌跡 #44「ピアニスト今田勝さんとの仕事」

    ベテラン今田勝のアルバムだから随所に名人芸を聴きどころとするハイ・センスのジャズ・フュージョン・アルバムを世に出す必要がある。

    Share Button
  • Fashion -06-01

    ジャズ・ア・ラ・モード #9.「ビリー・ホリデイとシンプルなクルーネックセーター」

    ビリー・ホリデイというと誰もが髪にさした白いガーディニア(梔子)の花を思い浮かべるだろう。私はビリー・ホリデイについては、彼女が晩年よく着ていたシンプルなニットセーターがゴージャスなドレス姿よりもさらに彼女を美しく素敵に表現していると思う。

    Share Button
  • Hear, there and everywhere #11 『ヴァネッサ・ブレイ/ソロ・ピアノ』

    4月17日、東京・渋谷、ひとりの才能溢れる若き女性音楽家の翔びたつ姿を僕らは目撃することになる。

    Share Button
  • 「全ては電子音楽だ」 アトミック〜スペース〜コンピュータによる20世紀音楽の思い出

    1957年に生まれた私ができるのは、過去の物語を語り継ぐことであり、記憶の彼方にかすむ、幻影の歌う電子の声に耳を澄ますのみなのだ。

    Share Button

Column 全記事 ➡︎

Share Button