菅原光博「ジャズを撮る!」#23「ロバータ・フラック」

閲覧回数 1,468 回

photo & text by Mitsuhiro Sugawara 菅原光博


先月(2022年11月)、あのロバータ・フラックが「ALSで歌えなくなった」という衝撃的なニュースが全世界を駆け巡った。ALSは筋萎縮性側索硬化症という難病の一種でロバータは、「話すことさえ難しい」という。
ロバータ・フラック (85) といえば誰でも思い出すのが 1973年の大ヒット「やさしく歌って」(Killing Me Softly with His Song)。大ヒットの前後にはネスカフェの TVCMでも流れていた...。

僕がロバータに会ったのは 1981年7月、セントラル・パーク・ウェストのダコタハウスの自宅。「スイング・ジャーナル」誌の取材で。SJ誌の編集部員と自宅を訪れるとなんとジョン・レノンと向かい合わせの部屋だった!とても気さくな女性で求めに応じてピアノに向かったり、色々ポーズを撮ってくれた(足元の秋田犬は、ロバータの日本公演をプロモートしたキョードー東京の社長タツ・ナガシマがプレゼントしたという)。
それ以来ずっとロバータのことが気になっていたが、2020年には2020年1月、グラミー賞 特別功労賞生涯業績賞を受賞。来年には、自伝ドキュメンタリー「Roberta」が公開されるという。今度は画面を通して久しぶりにロバータに接するのを楽しみにしている。

https://www.npr.org/2022/11/14/1136547011/roberta-flack-announces-she-has-als

菅原光博

1949年、北海道上川郡愛別町生まれ。ワークショツプ写真学校細江英公教室OB。1973年1月よりジャズを中心に、レゲエ、ブルース、ソウル系コンサートを内外で取材開始、雑誌、ジャケット、ポスター等をメデイアとする。著作に、『田川律+菅原光博/ジャマイカの風と光』(1984 音楽の友社刊)、『菅原光博+藤田正/ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド』(2014 Pヴァイン)。 https://mitsuhiro-sugawara.wixsite.com/photographer

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。